元・映画嫌いの映画紹介~十二人の怒れる男~

 

こんばんは!
本日の映画紹介です。

 

このシリーズについて

 

・シリーズを通してそんな映画あったなと浸ったり、
 新しい出会いがあればうれしいです。
・基本ネタバレを避ける方向でいきます。(もしある場合は注意書きします)
・本当に紹介(基本的に名作中心)。考察はそんなにしません。

 

目次

 

1. 今回紹介するタイトル

 

  十二人の怒れる男(監督:シドニー・ルメット

 

2. 公開年


  1957年

 

3. オススメ度


  ☆☆☆☆☆(満点:☆5つ)

 

4. 面白ポイント

 

  ・密室トリック(推理側
  ・脚本が素晴らしい映画
  ・陪審員それぞれのキャラクター付けがお見事

 

5. 十二人の怒れる男についてあれこれ


  今回の映画「十二人の怒れる男」ですが、

 

  このページを見てる時間があったらこの映画観て!

 

  というぐらい面白い映画です。

 

  大まかなストーリーは、

 

  ・ある少年が有罪になりそうになるが
  ・陪審員の1人がそれに対し異議を唱え
  ・その陪審員が奮闘する

 

  という感じです。

 

  この映画の面白いところは、ほぼ陪審員たちが議論する部屋の中で
  話が進みます。そのため、この映画は脚本さえ面白ければ映画はOK!
  的な映画の代表としばしば言われます。
  
  1つの部屋でも、窓の外の天気や陽が落ちていくことで陪審員
  態度やキャラクターを引き出す演出は面白いと思います。

 

  また、時間も1時間半ぐらいで休日とかにサクッと観ることができます。

 

  ぜひおうち時間の暇つぶしとして、名作映画を知る機会として
  観ていただければなと思います。

 

  以上、ありがとうございました~。