元・映画嫌いの番外編~ファスト映画について~

 

こんばんは!

 

今回は映画紹介の番外編ということで、ファスト映画や映画解説動画(※)

について書いていきたいと思います。

 

今更!?という感じですが、読んでいただけると幸いです。

もちろん私は反対の立場ですが、考えてみると確かにそういう需要も

あるよな~という感じです。

あと、これを読んでいただければ、なんで私が映画「紹介」に

とどめているか分かっていただけると思います。

 

※以下本記事では動画サイト等で「観れば映画の内容が分かる!的な動画」を

 まとめて「ファスト映画」として記載します。

 

目次

 

1. そもそもなぜファスト映画が観られているのか

①映画以外のコンテンツがいっぱいあるから

 

昔に比べて人々が触れるコンテンツはかなり増えました。

そのおかげで映画に割ける時間はかなり減っているでしょう。

 

様々な面白いモノがあふれている世の中で、2時間を超えるコンテンツは

正直重たいです。

時代の流れといえばそれまでなのでしょうか。

 

②他の趣味に比べて拘束時間が長め

 

①でも書きましたが、映画は拘束時間が長いです。

さらに言うとタイムパフォーマンスの面で優れているというわけでは

ありません。

 

映画は2時間を超えることがほとんどです。

 

2時間で好きなyoutuberの動画を何本消化できるでしょうか?

2時間でマンガを何冊読めるでしょうか?

アニメやドラマは何話視聴できますか?

 

などなど、映画を1本観るという行為は他の趣味に比べて数をこなす

のが難しいですし、面白くないものを観た場合のロスが

比較的大きいです。

 

そう考えると、ファスト映画を観るということは、効率的かつ

リスクも少ないという気がします。

 

③見栄

 

かなり抽象的ですね笑。

他人からよく見られたいことと、映画が何の関係があるの?という

疑問があるでしょう。

 

まずは「流行についていきたい」です。

話題作や地上波で放送される映画の話題についていきたい、

みんなの知っていることは自分も知っているし、語ることもできる…、

こんな感じでしょうか。

 

もう一つは、「教養があるように見られたい」です。

映画は教養みたいなことを聞いたことがあり、そう見られたいという人。

あるいは何か語れるものが欲しい(何かに詳しいように見られたい)

という感情がある人。

こんな感じの人がいるのです。

 

これに関しては世の中が悪いというか、映画好きが悪いというか、

なんというか…。

 

よく「映画は教養だ!」という感じで映画を観ることをやたらに

勧めてくる映画好きや年上の方がいますが、ぶっちゃけエンタメと

言われればそれまでです……。

教養かもしれませんが、あくまでも教養の一つに過ぎないということを

お忘れなく

 

2. 理解できない点(本記事で伝えたいこと)

 

もともと映画が好きではなかった私からすれば、ファスト映画を

観る層の気持ちも分からなくもないです。

 

しかし、気持ちが分かるだけで賛成はしないですし、むしろ

「やめとけよ、そのやり方。」感じです。

以下、私の考えです。

 

①それ本当に正しいの?

 

これ映画に限らず、本の要約とか感想を聞いたりする時も

頭の片隅にでも置いておいた方がいいです。

 

その動画は本当に正しいのでしょうか?

その動画を作った人が、元の映画をちゃんと観た、問題なくストーリーを

追えていた保証はどこにあるのでしょうか?

正しいかどうかは元の映画を観た人間にしか分かりません。

 

また、解説を鵜呑みにする人もそれはあくまでも解釈の1つであり、

唯一の正解ではないことを覚えておいてください。

どんなにそんな動画を観て他人にその内容を語ったとしても、

あなたの口から出る言葉は、正しいかどうかわからない借り物の言葉・考え方

でしかないのです。

 

動画を観て映画の内容を把握したともしても、結局その程度なのです。

 

②映画の要素はストーリーだけではない

 

ファスト映画を観る層は、ストーリーだけ分かればOKという人が

ほとんどではないでしょうか。

 

映画の要素ってストーリーだけですか?

 

画面の構成、俳優の演技、BGM、セット、カメラワーク…etc

色々ありますよね。

これらについて、ファスト映画でしっかりと味わうことはできません。

さらに、これらに気付ける感性は育たないです。

 

腰を据えて、最初から最後まで映画を観てみませんか?

 

3. 最後に

 

読み返したら、若干きつめの文章で自分で引いてます……。

すみません。でも、やっぱり反対なのです。

 

映画を観るのに時間を割きたくないのだったら、それでいいのです。

映画が好きではなかった時、映画を観なかったとしても

私は生きていく上で特に困りませんでした。

ファスト映画にかける時間を他の時間に使った方が有意義です。

 

映画との向き合い方、少し考えてみませんか?

 

今回は以上!ありがとうございました~。