元・映画嫌いの映画紹介~フルメタル・ジャケット~

 

こんばんは!
本日の映画紹介です。

 

このシリーズについて

 

・シリーズを通してそんな映画あったなと浸ったり、
 新しい出会いがあればうれしいです。
・基本ネタバレを避ける方向でいきます。(もしある場合は注意書きします)
・本当に紹介(基本的に名作中心)。考察はそんなにしません。

 

目次


1. 今回紹介するタイトル

 

  フルメタル・ジャケット(監督:スタンレー・キューブリック

 

2. 公開年

 

  1987年

 

3. オススメ度


  ☆☆☆☆(満点:☆5つ)

 

4. 面白ポイント

 

  ・カメラワークが良い
  ・エンディング曲が映画にとても合っている
  ・言葉遣いがFu...マジで汚い

 

5. フルメタル・ジャケットについてあれこれ

 

  「フルメタル・ジャケット」は有名なスタンレー・キューブリック
  の作品です。彼の映画は他にも、「2001年宇宙の旅」や
  「時計仕掛けのオレンジ」があります。よく絶賛されるのは
  「2001年宇宙の旅」ですが、「フルメタル・ジャケット」の方が
  面白いです。(エンタメとして)

 

  内容はこんな感じです。
 (色々な捉え方があると思います。下の内容はあくまで個人の考えです。)

 

  ・配属前の訓練編と配属後のベトナム戦争編みたいな構成
  ・配属前は人間が覚醒→狂っていく様が描かれる
  ・ベトナム戦争では主人公が戦場を見て葛藤する様が描かれる

 

  戦地に行く前後で主人公が葛藤するのは戦争映画あるあるです。
  ただ、この映画に関しては主人公の戦争に対する心境が、
  終盤まで明確に語られないところが面白いです。
  (序盤からヒント的なモノはありますが)

  
  あと、カメラワークが素晴らしいです。
  素人の感想ですが、画面に躍動感を出したり、
  あえて画面外にしてしまったり、さすがキューブリック!と
  思ってしまいました。

  
  ただ、この映画言葉遣いがとんでもなく汚いんですよね。
  あと、差別用語多めです。
  (言葉遣いのおかげでより緊張感でていますが)


  そのため、見るときはちょっと覚悟してください。
  もしも気を悪くしたら、途中でやめてもいいと思います
  名作映画は他にもいっぱいありますし、
  「フルメタル・ジャケット」を見たことがないという理由だけで
  文句を言ってくる人間は珍獣です。

 

  あと、だいぶアメリカ寄りの視点(当然と言えばそうですが)なので、
  これがベトナム戦争か!と鵜呑みにしないでください。
  もし知りたかったら、しっかりとした歴史本を読むのをおすすめします。
  (なるべくベトナム視点とアメリカ視点両方で)

 

  今回は以上!ありがとうございました~。