元・映画嫌いの映画紹介~東京物語~

 

こんばんは!
本日の映画紹介です。

 

このシリーズについて

 

・シリーズを通してそんな映画あったなと浸ったり、
 新しい出会いがあればうれしいです。
・基本ネタバレを避ける方向でいきます。(もしある場合は注意書きします)
・本当に紹介(基本的に名作中心)。考察はそんなにしません。

 

目次

 

1. 今回紹介するタイトル

 

  東京物語(監督:小津安二郎

 

2. 公開年


  1953年

 

3. オススメ度


  ☆☆☆☆☆(満点:☆5つ)

 

4. 面白ポイント

 

  ・どの時代でも当てはまる家族についての物語
  ・小津監督のカメラワーク
  ・意外と知られていない名作?

 

5. 東京物語についてあれこれ


  今回紹介するのは「東京物語」です。
  この映画、なぜかは分かりませんが他の有名映画と比べて
  耳にする機会が少ないんですよね……。

 

  「七人の侍」レベルで評価が高いのですが。

 

  「え?」と思うかもしれませんが、本当にそのレベルです。
  なんなら、日本が世界に誇るレベルの映画です。

 

  なぜこの映画が有名なのでしょうか。
  それは丁寧に描いた家族の物語、
  そして小津監督独自のカメラワークにあります。

 

  家族の物語ということで、あらすじをサッと紹介します。
  田舎に住む老夫婦は、息子・娘に会うために上京します。
  そこで老夫婦は、息子たちからどのような扱いを受けるか。
  また、その扱いを受けても老夫婦は東京からの帰り道で何を思うか。
  時代がたっても風化することない素晴らしい家族の物語です。


  次はカメラワークです。
  この映画ではカメラは固定されることが多いです
  そのため、人物ひとりずつ観ているというよりも
  家族全体、雰囲気を感じられる画面になっていると思います。

 

  この映画、お盆や年末年始の帰省時によく頭の中をよぎります。
  観てみればなんとなくわかってくれると思います。

 

  お盆前にぜひ観てみてはいかがでしょうか。
  (時間もそんなに長くないです)
  今回は以上です。ありがとうございました!