元・映画嫌いの映画紹介~雨に唄えば~

 

こんばんは!
今日の映画紹介です。

 

このシリーズについて

 

・シリーズを通してそんな映画あったなと浸ったり、
 新しい出会いがあればうれしいです。
・基本ネタバレを避ける方向でいきます。(もしある場合は注意書きします)
・本当に紹介(基本的に名作中心)。考察はそんなにしません。

 

目次

 

1. 今回紹介するタイトル

 

  雨に唄えば(監督:スタンリー・ドーネンジーン・ケリー

 

2. 公開年


  1952年

 

3. オススメ度

  
  ☆☆☆☆☆(満点:☆5つ)

 

4. 面白ポイント

 

  ・踊りたくなる映画
  ・雨の日も悪くはないと思える
  ・ラストは好みが分かれるかも

 

5. 雨に唄えばについてあれこれ


  梅雨が明けましたね~

 

  ということで、今回紹介するのは「雨に唄えば」です!

 

  「映画 おすすめ」とか「映画 名作」みたいな感じで検索すると、
  結構この映画が出てくると思います。
  (私はこのパターンで知りました。)

 

  ストーリーはあるといえばあるのですが、この映画はダンスや歌
  楽しむタイプの映画だと私は思っているので紹介しません。

 

  ところで、ミュージカル映画といえば、

 

  ・大自然の中で唐突に歌いだしたり
  ・物陰から急に知らない人が飛び出してきて踊ったり
  ・すごい大人数で踊ったり

 

  といったパターンが多いのですが、「雨に唄えば」はあまり
  こういう印象を受けません。
  主人公1人で、あるいは知り合いと踊って、
  周りの人は「なんだこいつ……」みたいな感じなのが面白いです。

 

  また、ダンスは非常に見ごたえあり、踊ってみたいなあ、
  ダンス習ってみようかなあと思ってしまうような映画です。

 

  梅雨が明けて季節外れな気がしないでもないですが、
  夏真っ盛りという気分が上がるタイミングで観る
  楽しい映画というのは良いと思いますよ。

 

  今回の紹介は以上です。
  名作には違いないので、ぜひ観てください!