元・映画嫌いの映画紹介~クレイマー、クレイマー~

 

こんばんは!
今日の映画紹介です。

 

このシリーズについて

 

・シリーズを通してそんな映画あったなと浸ったり、
 新しい出会いがあればうれしいです。
・基本ネタバレを避ける方向でいきます。(もしある場合は注意書きします)
・本当に紹介(基本的に名作中心)。考察はそんなにしません。

 

目次

 

1. 今回紹介するタイトル

 

  クレイマー、クレイマー(監督:ロバート・ベントン

  

2. 公開年

 

  1979年

 

3. オススメ度


  ☆☆☆☆☆(満点:☆5つ)

 

4. 面白ポイント

 

  ・親と子供の幸せは?
  ・親権争いは結局なんのため?
  ・ラストが切ない

 

5. クレイマー、クレイマーについてあれこれ

 
  基本有名映画しか紹介しないこのシリーズですが、
  今回も有名映画です。

 

  その名も、「クレイマー、クレイマー」!

  ……。

 

  唐突ですが、この映画日本語のタイトルが分かりづらいのです。
  原題は"Kramer vs. Kramer"ということで、
  「クレイマー氏対クレイマー氏」みたいな感じです。
  読点を使ったせいで原題から遠くなってない?と
  思うのは私だけでしょうか。

 

  まあ、タイトルについてはこの辺で。
  ストーリーを説明すると、

 

  ・妻が家から出ていく。離婚することに。
  ・元夫妻で親権争いへ
  ・主人公である夫は育児と仕事を何とかこなしながら奮闘
  ・裁判を経てどうなったのか……

 

  大体こんな感じです。

  

  ラストシーンに至るまでの経過がすごく切ないですし(公園のシーンとか)、
  ラストシーン自体も素晴らしい見せ方なんですよね。
  また、演技も素晴らしいです。

 

  また、視点をほぼ夫妻の片方に絞ったことで、
  素人目線ではありますがうまく物語を作れていると思うんですよね。
  観客に色々想像の余地を残す的な意味でも。

  

  最近の映画は1から10まで見せる!みたいなものを見かけますが、
  やはり見せないのもある程度は必要なのかなと思います。
  でも、分かりにくいとか言われて売上に響くんですかね……。

 

  想像を膨らませながら見るという点も、
  「クレイマー・クレイマー」は良い映画だと思いますので
  チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

  ちなみに、私の中で結婚する方に見せたい映画第1位です。
  (これに関して文句言われそう笑)

 

  今回もありがとうございました!また次回~。