元・映画嫌いの映画紹介~フィールド・オブ・ドリームス~

 

こんばんは!
今日の映画紹介です。

 

このシリーズについて

 

・シリーズを通してそんな映画あったなと浸ったり、
 新しい出会いがあればうれしいです
・基本ネタバレを避ける方向でいきます。(もしある場合は注意書きします)
・本当に紹介(基本的に名作中心)。考察はそんなにしません。

 

目次

 

1. 今回紹介するタイトル

 

  フィールド・オブ・ドリームスフィル・アルデン・ロビンソン
  

 

 

2. 公開年


  1989年

 

3. オススメ度

  
  ☆☆☆☆(満点:☆5つ)

 

4. 面白ポイント

 

  ・ちょっと変わっている野球映画
  ・意外にも夢を追いかける的内容でもある
  ・なんなんだこの映画……

 

5. フィールド・オブ・ドリームスについてあれこれ

  
  いや~大谷選手すごいですね~。
  というわけで、今回紹介するのは「フィールド・オブ・ドリームス
  です。

 

  この映画、観てて「え?」ってなると思います。

 

  野球映画といえば、一人の選手やチームに注目してその偉業を
  伝えたり、「マネー・ボール」のようにスタッフ側に注目したり
  みたいな映画が多いと思います。
  (他のスポーツ映画も似たような感じでは?)

 

  しかし、この映画は史実も若干織り交ぜつつ、ファンタジー
  要素も混ぜて……正直、野球映画かこれ?ってなります。

 

  内容を本当にさらっと紹介します。

 

  主人公は農家です。
  ある日、トウモロコシ畑で謎の声と人影を目撃します。
  何かを感じた主人公は、トウモロコシ畑を切り開いて
  野球場を作ります。
  最初は何も起こりませんでしたが、ある日その野球場に
  人影が見えます。
  その人影(たち)のために主人公は奔走するが……。


  書いておいてアレですが、カオスな紹介ですね。
  でも、こんな感じで物語が進んでいきます。


  「フィールド・オブ・ドリームス」というタイトルの通り、
  夢見がちで、でも懸命に夢を追いかける内容でもあるんですよね。

 
  結局この映画はなんなんだ!と思うかもしれませんが、
  それに対しての答えはこれです。

 

  いいから見て!おすすめだから!

 

  まとまりのない紹介になりましたが以上です。
  また次回~。